まず、英語のお笑いの感覚は少し違うことは知っておこう

まず、英語のお笑いの感覚は少し違うことは知っておこう

まず、英語のお笑いの感覚は少し違うことは知っておこう

これはなんとなく気づいているかもしれませんが、私たち日本人の笑いのツボと、
英語圏の人たちの笑いのツボというのは、多少違っています。


ですので、「英語圏のお笑い」を見て笑えるものもあれば、全く笑えないものもある。
これは仕方のないこと、いやある意味当然のことであると知っておいてください。


一部の英語の教科書や、教材では、宣伝文句として
「英語でお笑いが分かって、笑える」ということをうたっていますが、笑えるか
どうかというのは、英語面というよりも、その人の感性によるところが大きいものです。


時折、英語を学習している人で、上記の表な宣伝を真に受けて、


「自分は英語のお笑いを見ても、まったく笑えない。
 これは英語が下手だからだ」


と落ち込んでいる人がいますが、これは不要なストレスというべきでしょう。
再度言いますが、笑いは完成の問題でもあり、そして英語圏と私たちでは、
もともと笑えるツボが違っているのです。


本来楽しいものであるはずの笑いまでも、英語力を裁かれる基準にして落ち込んで
しまうことのないようにしておきましょう。

西沢知樹無料英語メールマガジン
⇒ 無料メールマガジンの更なる詳細を知りたい場合は、こちらをご覧下さい

平日毎日昼12時と夜23時に、ネイティブが使う英単語と例文、質の高い良い英語表現を
メールマガジンとして配信します。
もし、無料メールマガジンを購読したい方は以下の欄にご記入の上ボタンを押して下さい。
(今だけ英語上達の、無料小冊子プレゼントつき)

お名前 ※
姓:名:
E-Mail ※

英語上達・スカイプコンサルティング

「笑って楽しく英語学習」の一覧に戻る

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional