ネイティブより上手い英語が話せる(今すぐ読んで下さい)

留学してからぶつかる代表的な「英語のギャップ」

HEAD;留学してからぶつかる代表的な「英語のギャップ」

留学してからぶつかる代表的な「英語のギャップ」

私が若いころもそうでしたが、実際に海外留学すると、そこで使われている英語が、
日本で学んできたものと違っていてギャップを感じることが結構あります。


スラングなどもそうですし、それぞれの国特有の英語表現というのもありますね。
(私自身の場合、イギリスに行ってましたのでイギリスの知らない表現に驚きました)


しかし、ここで情報として教えておきたいのはそういうことではありません。
知っておくと、留学する上で役立つポイントです。
実は・・・留学先で使われる英語は「意外にプレーンな英語」だということを
知っておいてほしいのです。


どういうことかというと、日本の英会話テキストや「英文レターの書き方」の
ような本には、結構洒落た英語表現・凝った英語表現というものが数多く出てきます。
レターの構成なども、少しひねってあったりします。


しかし実際の留学先では、もっとストレートなのです。
誰もが知っているような単語で表現したり、構成も、凝ったものではなく、
すんなり導入-本論-結論という風に進む方が評価されます。


ついつい、日本で英語をやっていると、
「ちょっと違う英語を覚えていこう」「良いところを見せてやろう」と
言う風に学習すればするほど考えがちです。
しかし、留学先では「意外と平板」で良いのだということを覚えておくといいでしょう。

西沢知樹無料英語メールマガジン
⇒ 無料メールマガジンの更なる詳細を知りたい場合は、こちらをご覧下さい

平日毎日昼12時と夜23時に、ネイティブが使う英単語と例文、質の高い良い英語表現を
メールマガジンとして配信します。
もし、無料メールマガジンを購読したい方は以下の欄にご記入の上ボタンを押して下さい。
(今だけ英語上達の、無料小冊子プレゼントつき)

お名前 ※
姓:名:
E-Mail ※

英語上達・スカイプコンサルティング

「留学のための英語術」の一覧に戻る

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional