洋画の英語上達活用法は、リスニングだけじゃない

洋画の英語上達活用法は、リスニングだけじゃない

洋画の英語上達活用法は、リスニングだけじゃない

英語上達のためには、英語の映画、つまり洋画を見ることがいいというのは以前から
結構言われてきていることです。


しかし、洋画を見るのが「なぜ」良いのかということを知っているでしょうか?
世間の平凡な英語の先生などは、セリフをリスニングすることとか、セリフで
使われている英語表現を覚えるとか、そういう平板なことしか言いません。
でも実は、洋画による英語学習には、それ以上に深くて面白い要素があるのです。


それは何か?


映画というのは、俳優が実際に感情を伴ってセリフを話していますよね。
ですから、セリフの英語にも感情が乗っていますし、体全体で、英語が口から
出てくる感覚、というものが俳優の演技によって再現されているのです。


だから、せっかく洋画を使うのなら、ただリスニングするとか、表現を覚えると
いう無機質な使い方だけでなく、英語を口から発するときの感覚・感情を一緒に
盗み取るようにしていくと、より「口から英語が出て来やすくなる」のです。


こんな風に英語の洋画を使って、感覚・感情までを学び取る。
日本では、ケイティクス社の「エゴスベ」という英語教材がこれを唯一扱ってます。
ご興味がある方は、検索エンジンで見てみてください。

西沢知樹無料英語メールマガジン
⇒ 無料メールマガジンの更なる詳細を知りたい場合は、こちらをご覧下さい

平日毎日昼12時と夜23時に、ネイティブが使う英単語と例文、質の高い良い英語表現を
メールマガジンとして配信します。
もし、無料メールマガジンを購読したい方は以下の欄にご記入の上ボタンを押して下さい。
(今だけ英語上達の、無料小冊子プレゼントつき)

お名前 ※
姓:名:
E-Mail ※

英語上達・スカイプコンサルティング

「映画で楽しく英語学習」の一覧に戻る

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional